開発製品一覧


  402:  ライン外観検査器 (型式:LS-22016)
キーエンス製画像センサを4カメラ配置し ライン上で連続的に外観検査を行えます。
横並び左画像
横並び右画像
外観
外観検査部

仕様  
警報出力 ドライ接点出力
画像センサ キーエンス製 CV-2500 4カメラ


  403:  ライン外径検査器 (型式:R01E00-24405)

光学式外径寸法測定器を対角に2台配置し
ライン上で連続して外径検査・データ記録を行います
横並び左画像
横並び右画像
外観
外径測定部

仕様  
警報出力 ドライ接点出力
センサ キーエンス製 LSシリーズ
測定部に搭載するセンサはお打ち合わせさせていただきます
※仕様は変更可能です、お問い合わせください


  405:  スプロケット歯先検査装置 (型式:R01C00-24276)
スプロケット歯先検査装置 (型式:R01C00-24276)








外観








スプロケット製造時の歯先の欠けを検出します。
全周の刃先形状を変位センサにより測定し異常部を判定いたします。
横並び左画像
横並び右画像
検査部
ストック部

●動作
投入コンベアからスプロケット(ワーク)を取り出し検査位置への移動、検査・判定後OK品/NG品の排出を行います。測定データはパソコンに保存されます。

仕様  
装置寸法: 幅1300×奥行き1500×高さ1700(シグナルタワーは含みません)
検査能力: 20秒/個 以内
データ保存: パソコンに記録(各歯先ピーク値、歯先間隔)
ストック量: 60個
使用センサ: キーエンス製接触式センサ
※センサはお打ち合わせさせていただきます


※仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  406:  連続断面形状測定機 (型式:LJG-24427)

概要

溶接ラインやシーラント充填ライン等の連続的な断面形状を2次元レーザ変位センサLJ-G200により検査していきます。

外観(測定部)
掲載画像

測定方法

LJ-G200本体内の機能を使い、標準断面形状を記憶させておき、
その形状から一定範囲外になった時に異常出力をします。

冶具はヘッドを上下左右回転できますので、いろいろな状況で使用できます。
冶具取付けはボルト止め、マグネットによる固定など対応いたします。


  407:  球面形状測定システム (型式:LT-22364L)

半球面状のワークをキーエンス製LT-9010M高精度レーザ測定器で計測し、
測定データを曲線補間して半径R、凹面であれば深さも求めます。

外観
掲載画像

仕様  
センサ移動ステージ XY軸電動、Z軸手動マイクロメータタイプ
ワーク移動ステージ 電動
測定範囲 10×10mm
センサステージ真直度 1μm
制御 PLC、パソコン
センサ キーエンス製 LT-9010M


(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。