開発製品一覧


  501:  キャップ異物検査装置 (型式:CV-20561)
NGキャップ(こげ・傷等)を高速検査排出 

ボトルキャップ成型時に付着する異物(汚れ、こげ、傷他)を高速検査

 · 検査後 、NG品 をNGボックスへ排出
 · キャップ側面のヒンジ部など部分を特定し、画像検査をキャンセル可能  
  (キャップを高速自転 させながら位置決めし、キャンセル部を特定します)
 · 200個 /分 の高速処理
掲載画像

仕様  
電源 AC100V または 200V
空圧 0.5MPa
検査速度 最大 200 個/分(キャンセル設定時は多少遅くなります。)
判定異物径 視野範囲 32mm×32mm にて 0.5mm(異物濃度により変化)
視野範囲を小さくすることによりさらに微小物も可能
キャンセル機能 キャップに付いているヒンジ、取手、その他影が生じる部位などを
キャンセルする機能があります。その場合位置を特定できる部分が
1箇所あれば可能です
パスライン機能 検査せずに通過させます
再検査機能 NG 判断したものを再検査し、再び NG のものだけを排出します
画像センサ キーエンス製 カラー画像センサ


  504:  錠剤異物検査装置 (型式:CV-24775U)

錠剤表裏の異物をキーエンス製画像センサにて 高速に判別する装置です。
供給用シューター、画像検査部、反転部、NG品排出部から構成されます。
横並び左画像
横並び右画像

外観

画像検査部、排出部


仕様  
測定範囲 表面、外径からのはみ出し、裏面
検出可能異物面積 0.3mm角黒点(濃度により変化します)
検査速度 1500錠/分
NG排出方式 吸引による個別排出
制御 タッチパネル、PLC
画像センサ 検査せずに通過させます

(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  505:  チップ画像検査装置 (型式:CV-20020)

キーエンス製画像センサを使用しチップの傷、欠け、印字の有無、汚れなどを検知し、分別します。
途中で反転させ両面検査しております。
横並び左画像
横並び右画像


仕様  
電源 AC100V および AC200V
判別速度 最大 4個/秒
使用センサ キーエンス製CV、XGシリーズ他
ワーク形状 正方形、長方形、円形 6mm×6mmの範囲ワーク形状はご相談に応じます。



  506:  パーツ外観画像検査装置 (型式:CV-20951UDS)

円形パーツの傷、異物、欠けなどの外観検査をキーエンス製画像センサにより高精度に判別するものです。
側面検査はワークを回転させながら全周を検査できます。
掲載画像

仕様  
測定範囲 天面、側面、底面
検出可能異物面積 サンプルワークにより検証致します。
測定時間 4sec/個
制御 タッチパネル、PLC
画像センサ キーエンス製 CVシリーズ


  507:  円形パーツ外観画像検査装置 (型式:R01D02-22895)

円形パーツ(金属、樹脂他)の傷・異物・欠けなどの外観検査を画像センサにて高速に行います。
側面もワークを回転させながら全周を画像センサで検査します。

トレーに並べられた検査後のワークは、ローダ・アンローダ機構によりトレーをストックされます。
横並び左画像
横並び右画像

外観

画像センサ検査部


仕様  
測定範囲 天面、側面、底面
梱包時間 約2sec/個
検出可能異物面積 0.3mm角黒点(濃度により変化します)
画像センサ測定時間 10〜200msec(設定により変わります。)
測定データ処理 数値データとして表示出力、パソコンへ記録
制御 PLC(操作はタッチパネルより)
画像センサ キーエンス製 CV-X・XG-Xシリーズ
測定部に搭載するセンサはお打ち合わせさせていただきます
※仕様は変更可能です、お問い合わせ下さい