開発製品一覧


  702:  多点厚み測定器
多点厚み測定器










ワークの任意位置の厚みを測定することが出来ます

キーエンス製接触式変位センサ(ATシリーズ)を使い、ワークの任意位置の厚みを測定することができます。 デジタルメータリレー(RV)、アナログコントローラー(RD,RJ)にて出力されたアナログデータを表示、公差値を設定することで判別できます。
出力されたアナログ出力は、RDなどからPLCにデータを取り込んだ後PLCデータ収集ソフト(KV COM+)などによりパソコン上のエクセルの表に簡単に取り込めます。

上図はAT3-004を4台使いエアーシリンダにて上下動させ、RV-10にて表示、 判別させています。
また測定点数が多い場合などはセンサ、または ワークを自動で 動かすことによりコストパフォーマンスを上げることができます。
掲載画像

■用途に応じてキーエンス製接触式変位センサ各シリーズを選択してください■

お客様のワーク形状に応じて    各サイズ、センサ点数    設計いたします。


  703:  LT用厚み測定台 (型式:R01F02-21744)

CD原盤、ウェハなどの厚みを高精度に測定します。
キーエンス製LT-9010M測定ヘッドを上下から挟み込みで測定します。
横並び左画像
横並び右画像
外観
測定部テーブル


仕様  
測定方法 上下挟み込み方式、手作業によるワーク移動測定台を上下移動し
下側ヘッドキャリブレーション位置へワーク下面を移動した後
データを読み取る
測定台位置調整機構 Z軸調整用手動ステージ(0.005mm微動目盛マイクロメータ)
ヘッド位置調整機構 上部 Z軸調整用手動ステージ、下部 XYZ軸調整用手動ステージ
ヘッド位置調整範囲 ±12.5mm(0.01mm目盛マイクロメータ)
使用環境 一定温度の室内にて使用すること
(温度差のある環境へ移動してから約8時間後より測定を始めるのが望ましい)
測定可能領域 センサ測定範囲は±300μmであるためセンサ移動無しでの測定範囲は
600μmとなります
それ以上は 上記ヘッド位置調整範囲内での600μmです
測定精度保証 センサ単位はキーエンス製LT-9000の仕様によります
キャリブレーションは2種類の厚みゲージにより行う
上下ヘッド光軸位置調整は、ヘッド内蔵カメラによる(約20μm以内)
それぞれ厚さが異なるステンレス板30μm、50μm、100μmが簡便かつ速やかに
サブミクロンの精度で測定できる治具精度を持つ

※仕様は変更可能です、お問い合わせください


  704:  円柱ワーク直角度、高さ判別装置 (型式:R01C01-21642)
円柱状ワークを自動供給し、切断面角度・高さを判別します。
高精度ロールの上でワークを回転させ底部の変位を計測することにより角度を求めます。
高さはワーク姿勢を変え石定盤上で計測します。
横並び左画像
横並び右画像
外観
回転角度測定部


仕様  
検査速度 3sec/個
その他の機能 NG排出
制御 PLC(操作はタッチパネルも可能です)
センサ 測定部に搭載するセンサはお打ち合わせさせて頂きます。
例:キーエンス製 LK-G (直角度), GT2(高さ) ,その他

※仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  705:  体積・密度測定システム (型式:LS-22476)

キーエンス製外径測定器LS-7030を2ヘッド使用し、2辺の寸法測定と電子はかりにより瞬時に体積、比重を求めるものです。データはパソコンに記録されます。
横並び左画像
横並び右画像
外観
パソコン画面例


仕様  
測定データ処理 数値データとして表示出力
センサ 測定部に搭載するセンサはお打ち合わせさせて頂きます。
例:キーエンス製 LS、LK、LTシリーズ その他


(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  706:  LK-500レンジアップ治具
標準品は 1000mm±500mm、1200mm±600mm、1500mm±750mm となりますが
中間サイズも対応可能です。
横並び左画像
横並び右画像
LK-500タイプ
LK-G500タイプ

(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。