開発製品一覧


キーワード:
5件の情報項目より1-5件を表示しております


  101:  ブレード突き出し・うねり測定器(型式:LS-23263L)

キーエンス製 外径測定器 LS07030とレーザ変位計 LK-030 を使用し、
プリンタ用ブレードの 突き出し量、うねり量を測定、判定します。

●外観
掲載画像

仕様  
ワーク移動ステージ 手動
測定範囲 235mm
制御 PLC
センサ キーエンス製 LS-7030M、LK-030

(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  103:  ブレード変位測定装置  (型式:LK-20711L)
キーエンス製 レーザ変位センサLK-010を使用した
レーザプリンタ用ブレード測定装置です。
ブレードの突出し量やうねりを測定します。
横並び左画像
横並び右画像

ヘッド調整部


(注)仕様は変更可能です。お問い合わせ下さい。


  104:  ロールクラウン測定装置 (型式:FAS-RC-LS5120)

●キーエンス製レーザ寸法測定器LSを使用した自動ロールクラウン測定装置です。
 測定位置や測定した変位は パソコン等で処理されデータベース化されます。
 本装置の特徴は判定式を入力することが可能で、
 お客様の必要な判定をさせることができます。
横並び左画像
横並び右画像


LS-5120ヘッドを使用しているため大径測定に対応します。
        
計測可能最大ロール長 800mm(800mm以上も対応可能)

(注)仕様は変更可能です。お問合せください


  105:  ロール抵抗測定装置(回転式) (型式:FA-20236R)

プリンタ用ロールなど樹脂製ロールの抵抗値を全周にわたり計測します。
測定データはデータベースに保存されます。
横並び左画像
横並び右画像

●外観

パソコン操作画面


仕様  
測定可能範囲 Φ50mm×400mm
測定データ処理 数値データとして表示出力、データベース化
制御 PLC、パソコン
測定器 アドバンテスト製



 (注)回転無しタイプも可能です。お問い合わせ下さい。


  107:  断面形状測定機 (型式:LJG-24567)

概要

上下方向から2次元レーザ変位センサLJ-Gで被測定物を
挟み込み断面形状を測定します。
断面形状はグラフ化され 指定範囲間の寸法、最大値、最小値を表示します。
横並び左画像
横並び右画像

測定部

断面形状表示、設定


仕様  
測定方法 2次元レーザ変位センサを上下向合って配置し、
直定規を基準として断面形状を測定します。
測定センサ KEYENCE製 LJ-G080ヘッド×2台+コントローラ
測定範囲 高さ方向45mm 幅方向 32mm 長さ400mm
繰返し精度 高さ方向5μm以内 幅方向10μm (センサ仕様による)
装置寸法 測定部 350×600×450 約15Kgf
制御部 500W×600D×250H(パソコンは別)
ソフトウェア 自由範囲指定した2つの矩形を選択して、
矩形間のX座標/Y座標の距離を表示する。
矩形間距離は最大4つまで選択・表示可能。
データ記録 任意のタイミングでファイルにCSV形式で保存可能。
保存は、スナップショットボタンが押されたら画面を
フリーズして保存用のダイアログを表示する。